ラフリのちゃっかり米国株投資

ラフリのちゃっかり米国株投資

米国株を中心に、初心者がまったり資産運用

2018年7月末の資産推移

 まったりしすぎた定例の資産推移の確認。そんな話。

 

f:id:sousky1830:20180708214800j:plain

 

2018年7月分資産推移

私は月始め1週目末に前月と比較し推移を見ています。

それがこちら ドル表記になります。 

f:id:sousky1830:20180812232636j:plain

 8月5日時点なので、もちろん10日の下落は反映させていません。

現在は更に1%前後下落しています。

トランプ大統領がトルコから輸入する鉄鋼及びアルミニウムへの関税額を2倍に引き上げたことにより、トルコ・リラが急落し、相場も軟調となりました。

先物も下落してるので、まだ下落していくんでしょう。

円が買われ、ドルも買われる展開になるのなら、少しドル転しようかな。

 

購入歴

7月中   VYM      NISA

 

購入理由

VYM

定期購入

NISA枠も残額10万円を切りました。

NISA枠が終われば現金多めで管理していきたいと考えています。 

雑談

 MSFTがVYMから除外されたのが残念です。

MSFTは個別でも所有しているので、折を見て追加投資を検討します。

 

大阪で行われた、たぱぞうさんの米国株セミナーに行きました。

(2週間ほど前ですが・・・)

とても聴きやすいセミナーでした。

スライドに頼らない自分の言葉で話されているという印象を持ちました。

印象に残った場面は、注目銘柄のスライドで参加者の大半が写真を取り出した所(笑)

(※写真撮影OK)

セミナー後に、最後尾列から

『VTIか。考えた事もなかったな。』と聞こえた事です。

最後尾なのでセミナー運営者かもしれません。

そして、自分もまだまだ知らない事ばかりだなと認識しました。

知ろうとしなければ、メリット・デメリットも解りません。

今度も情報収集をしっかりしていきたいと考えています。また同様のセミナー等があれば参加したいです。

 

8月の予定

 ふるさと納税を終えました。

これで今年は勉強会費以外は、でかい出費は無さそうです。

まったり市場と付き合っていきます。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 つたない文章ですいません。また読みに来てください( ^-^)_旦""

積立投資のメリットを学ぶ。セミナーに行きました。

 2018年 7/15 大阪セゾン投信共催セミナー 『バンガードと行く!つみたて投資の勉強会』に参加しました。そんな話

 

f:id:sousky1830:20180720230619p:plain

『長期積立投資の有効性を紹介します。

具体的なツールとして、つみたてNISAの活用法と改めて長期投資の意義を確認する

「やり方」と「考え方」を網羅する内容になっています。』

(参加資料抜粋)

 プログラム

第一部 「つみたてNISAの有効性を知る」約50分

 

第二部 「バンガード、長期投資のすゝめ ~本当の近道は、分散投資~」約50分

 

最後に、じゃんけん大会、質問コーナーがありました。

参加者の割合

募集人数は250人 概ね男性9割女性1割

 30代以下・・・ 10~20%

 40代~50代・・・60%以上

 60代以上・・・20 %

 

私がぱっと見た感じですが、30代以下は少なかったです。

予想外だったのが60代以上の方の割合です。

また70代以上の方もそれなりにお見受けしました。

 

第一部の内容

セゾン投信株式会社 代表取締役社長 中野さんがセゾン投信とバンガード会社の関係を熱く語られていました。

 

バンガードとセゾン投信は「顧客最優先」という共通理念を持っている。

インベスターリターン(投資家が実際に得た平均的リターン)に自信がある。

セゾン投信の商品である「セゾン・バンガード・グローバルファンド」の投資家の利益は6%、ファンド側の利益は3%である。

「セゾン 資産形成の達人ファンド」の場合は、投資家が11%、ファンド側が7%である。

『低コスト』『幅広い分散』をする事で良いリターンを目指している。

 

セゾン投信の手数料を下げる予定がある。

1つの商品で低コスト、別の商品で高コストという方法は邪道である。

運用資産が順調に増えていけば、お客様に還元(手数料を下げる)することが出来る。

 

世界経済市場は60兆円(2010年)から250兆円(2050年)になる見通し

投資で失敗しないためには、『長期』『積立』『分散』 の3つを大事にする。

年約3%の成長で250兆円の目標に達する。

世界経済の成長を見越して3つを全て守れば失敗は少なくなる。

(1つでも欠けるとリスクが高くなる)

 

 ・積立NISAについて詳しくは次回話します!(9/15 土曜日 大阪)

 面白い話が聞けましたが、積立NISAについては9./15にまたセミナーがあるみたいです。

仕事がなければ、行ってみたかったです。

 

第二部の内容

 

 バンガード  三上 和久さんがコストの重要性について語られていました。

 

・『目標』『バランス』『コスト』『規律』が大事

 

目標

一人一人目標が違う。

投資プランをしっかり持つことで投資政策が変わっていく。

リターンが高いほど、リスクも高くなる。

債券を組み込むことでリスクの軽減が出来る。

 

バランス

資産配分の重要性

どの銘柄をいつ買うのか?というタイミングを計る事は

リターンの要因の影響としてあまり認められない。

資産配分が大事である。

 

コスト

投資コストは低ければ低いほど良い。

1%の差はバカにできない。ちりも積もれば・・・

コストを抑えれることが出来ればリターンは改善する。

 

 規律

定期的なリバランスは必要。年2回など

金融危機に投資配分を0にしていたら、現在のリターンはどうなっていたのか。

規律を守り、投資を継続していれば含み益になっていた。

(将来のパフォーマンスを保証するものではない)

 

感想

 私は現在セゾン投信に回すお金がないので、投資予定はありません。

しかし、人気の理由が少し解った気がします。いつかはやってみようかな?

割愛していますが、解りやすく、ためになるセミナーでした。

 

過去のNYダウの暴落周期から考えれば、次の暴落が来てもおかしくはありません。

余剰資産で行うのが大事ですね。

来たとしても投げ出さず、積立していきたいと再認識しました。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 つたない文章ですいません。また読みに来てください( ^-^)_旦""

2018年6月末の資産推移

定例の資産推移の確認。そんな話。

 

f:id:sousky1830:20180708214800j:plain

 

2018年6月分資産推移

私は月始め1週目末に前月と比較し推移を見ています。

それがこちら ドル表記になります。 

f:id:sousky1830:20180708215658j:plain

 ボーナスからの追加投資とMKC.D.PEP等が回復傾向にあり、久々の含み益幅です。

7月6日、米雇用統計が好調だったことで堅調な地合いを維持しました。

しかし、上院・下院議員を選ぶ11月の中間選挙を控えて米中貿易の問題はまだまだ続きそうです。

今回、年500億ドル相当の中国製品に追加関税を発動し、対抗して中国もすぐ同じ規模の米国産品に報復関税を実施しました。

 

追加関税もチラつかせているので妥協点は難しそうです。

購入歴

6月中 MSFT 特定口座

             T           特定口座

            VYM      NISA

 

購入理由

T

購入予定ではなかったのですが、配当率も6%超えなので追加投資してみました。

タイムワーナーの買収が今後どう影響していくのか。

31ドルのサポートラインは割らなかったので、今後に注目です。

(WBKが指値に刺さらなかったので、その変わりです)

 

VYM

定期購入

9月または10月までに残り20万円分投資予定

端数はPFFを購入予定です。

 

 

雑談

先日、ソーシャルレンディング大手の「maneo」が自然エネルギー関連事業への投資資金を募集。実際は融資先企業の増資など説明と異なる目的に流用されていました。

約130億円募集の内の10億円みたいですね。(年11~14%利回り)

管理態勢が不十分で、不正な流用を見過ごす結果となりました。このため監視委は金融商品取引法に基づいて金融庁に処分勧告をしました。

 

ソーシャルレンディングを少し考えていた身としては怖い話です。

今後も情報を集めたいと思います。

 

 

7月の予定

 

ちょっとマイナスな気分になるイベントが起こってしまいました。

来月までには解決したいです。

投資額にも影響してきそうです。ですがVYMは定期購入をするつもりです。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 つたない文章ですいません。また読みに来てください( ^-^)_旦""

転職後、初ボーナスの使い道は?8割を投資へ

転職後、初ボーナスが出たよ そんな話

 

f:id:sousky1830:20180210001950p:plain

転職して9か月が経ちました。

冬のボーナスは転職したばっかりだったので、ありませんでした。

今回、満額ではありませんが、夏のボーナスを頂く事が出来ました。

寸志程度かなと考えていましたが、想像していた以上に頂けたので良かったです。

 

使い道は8割を投資へ

その内訳はこちらです。 

5%以下 

お正月に渡すお年玉の積立

 

冬のボーナスからでいいじゃないか!って話なんですが

それはまた別の予定に積立します。

 

15%

食費としてイオン銀行へ入金 

普段、イオンやコンビニでワオンカードを利用しています。

イオン銀行に入金しておきました。

 

80%

投資に使います。

6月の給料は増加するのでそれと合算しての投資金額となります。

給料計算をしていたら、未払いがありました - ラフリのちゃっかり米国株投資

 

 投資先はこちら

 

MSFT   購入済み

WBK  指値待ち

 

MSFT

以前から購入したいなぁと考えていました。

所有しているVYMに約7%含まれていますが購入に至りました。

 

2018年度3Q決算は良好

全ての事業で増収でした。その中でもクラウドサービスが良好でした。

クラウドサービスが業界2位である。

1位は小売り大手のアマゾンで34%

2位はMSFTで14% 

 アジュール(MSFTのクラウドサービス)の売上高は93%増加していました。

 

14年連続増配銘柄

2017年の増配率は7.69%

過去3年の増配率は12.66%

2018年の増配発表は9月頃でしょうか?

 

 不安な点

 割安なのか?と聞かれればハイテクセクターは割高かなと考えています。

AI事業に期待もありますが、まだまだ解りません。

暴落の恐れもありますが、ホールドし続けたいです。

 

 

 WBK(ウエストパック銀行)

指値に引っかかれば、購入したいと考えています。

MSFTの配当率が低いので、高配当の銘柄も購入したいという事で選んでいます。

 

配当利回り6.8%程度

 

決算がわるかった訳ではないので、現在の株価(20ドル前後)は割安だと考えます。

チャート的にも20ドルが一つの区切りになります。

f:id:sousky1830:20180620203529j:plain

 

しかし、リーマンショック時には、28ドル→9ドルまで下落しました。

オーストラリアの人口は増加傾向ですが、中国との景気と密接な関係があります。

レンジを見ても、インカムゲインのみになりそうです。

指値でじっくり待ちたいです。

 

 

 余談

売上や、仕事内容の評価によってボーナスの額は変わります。

病院にいた時のように、毎回定額にはならないようです。

ただ「満額ではないので、少ないよ」と言われて渡された額は

病院にいた時と同額程度でした。

喜びましたが、過去を思うと少し悲しくなりました。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 つたない文章ですいません。また読みに来てください( ^-^)_旦""

 良ければ、クリックをお願いします。

給料計算をしていたら、未払いがありました

先月の給料のお話

f:id:sousky1830:20180612000918p:plain

 

定期的にVYMを購入していますが、先月投資しなかった理由がこれです。

「給料に未払いがあったため、手取りが少なかった」

まさかなぁと考えましたが、当直代が支払われていませんでした。

来月、まとめて支給されるので問題ありませんが、驚きました。

 

どのように気がついたのか。

1.家計管理の仕方

2.なぜ起こったのか?

3.まとめ

 

家計管理の仕方

1.予想手取りを計算する

手取りの内訳は簡単です。

基本給等変化のない額面、残業代、副業代(当直代)を計算します。

そこから保険料等を差し引き、手取りを15日以降(締め日)に計算します。

 2.使い道をざっくり決める

あくまでざっくりです。使い込んでしまった場合は原因を突き止めますが、

残額が多い場合は気にしていません。

飲み会に参加した時などは自分のクレジットカードで支払う為、翌月に影響してきます。

 

生活費として約10万円(家賃等込み)

株式投資12~14万円(iDeCo込み)個別株やETFの投資額に影響してきます。

残額は貯金にまわす。

 

3.マネーフォワードで確認する

給料日(25日)に実際の給与を確認します。

給与は副業があるので、二か所からです。

(副業といっても業務命令なので問題ありません)

 合計を予想手取りと比較して解離がないか確認しています。

 

 

先月も普段通り確認作業をしていました。

マネーフォワードの管理で、すぐ異変に気が付けて良かったです。

振り込みが一か所しかありませんでした。

月に3回ほど当直していますが、あれ?先月は行かなかったかな?

とまず疑問が湧きました。

週末だったので週明けには支給される?私だけ未払い?と色々な事を考えました。

 

回数の確認→3回行ってました。

私だけの未払い→他の方は支給されていました。

翌週に確認→やっぱり未払いでした。

 

貯金はありますが、一月の給料から投資額を決めています。

JNJ株を追加購入したので、VYM定期購入の予定は変更しました。

 

 なぜ起こったのか?

勤務先(当直先)に確認した所、

「私の勤務表の回収が忘れられていた」ことが解りました。

締め日が当直だった事や、一番最後に私の用紙があることが原因でした。

だからといって、忘れて気付かないというのはどうなんでしょうか?

謝罪され、来月まとめて支給されるという話になりました。

今後、同じ事が起きないことを願います。

 

まとめ

 家計管理は余力を残しておく。(些細な理由で未払いは発生する)

家計管理、マネーフォーワードの通知ですぐ未払いに気が付けました。

まさか、自分が!?ということは起こる事もある。

 

この反動で来月購入し過ぎないように気を付けます!

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 つたない文章ですいません。また読みに来てください( ^-^)_旦""

 

2018年5月末の資産推移

定例の資産推移の確認。そんな話。

 

f:id:sousky1830:20180603230859j:plain

 

2018年5月分資産推移

私は月始め1週目末に前月と比較し推移を見ています。

それがこちら ドル表記になります。 

f:id:sousky1830:20180603221936j:plain

 追加投資を継続しているので、評価額は微増です。

先月の含み損益に間違いがあったのか?計算が合いませんが気にしません。

6月1日、朝方発表の米雇用統計が好調だったことでドルが堅調な地合いを維持しました。

しかし、3日トランプ大統領G7の閉幕後、ツイッターに、「8000億ドル近い貿易赤字を抱えて、貿易戦争に負けるわけにはいかない」と投稿し、対立もいとわないという姿勢を強調しまています。

貿易摩擦が激化するとの警戒感や、イタリアとスペインの政治動向も不安視されているので、そろそろマイナスになりそうです。

 

購入歴

5月中 JNJ 特定口座

 

購入理由

52週高値から約2割安になってきたので追加投資をしました。

これでポートフォリオの約5パーセントとなりました。

ETFにも組み込まれているので、悩みましたが

長期で見れば問題ないという判断です。

 

定期購入のVYMを見送りました。

理由はどこかでブログネタとして記載出来ればと考えています。

 

雑談

先日、ビル・アックマン氏がLOWを購入したという事で株価が上昇しました。

冴えない決算で低迷していたので上昇には驚きました。

売り抜け後の株価が心配ですが、ホールドしていきたいと考えています。

 

6月の予定

私は去年転職しました。今回初めて、ボーナスがあります。あるはず

額面が不明確なので計画途中ですが、6~7割りは投資に回したいです。

オーナーズブックに登録したので、ソーシャルレンディングをするかもしれません。

後は貯金等の予定です。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 つたない文章ですいません。また読みに来てください( ^-^)_旦""

 

2018年4月末の資産推移

定例の資産推移の確認。そんな話。

 f:id:sousky1830:20180505220412j:plain

 

2018年4月分資産推移

私は月始め1週目末に前月と比較し推移を見ています。

それがこちら ドル表記になります。 

f:id:sousky1830:20180505200841j:plain

 追加投資を継続しているので、評価額は微増です。

5月4日米国市場は1%以上の上昇。米雇用統計で賃金が低調な伸びとなったことを受け、インフレ高進や利上げペース加速を巡る懸念が後退しました。

これがなければマイナスになっていました。

昨年の推移を見ると5月~9月頃まで軟調でした。

今年は米国の相場の格言「セル・イン・メイ(Sell in May)」。「5月に株を売って、バカンスに行け!」となるんでしょうか。

私は少しだけ現金比率を高めますが、タイミングを計れないのでチビチビ追加投資していきます。

 

購入歴


4月中 VYM NISA

     BTI  特定口座

 

購入理由

 

VYMは定期購入。

NISA枠は残25万前後ですが、月5~6万ずつ購入予定。

 

 BTIはタバコ銘柄の急落があったので追加購入してみました。

その結果ポートフォリオの4%になりました。

MOとPMを加えるとタバコ銘柄は約9%です。

BTIは初購入時の価格が70ドル台なので、約2割引きでした。

キャピタルゲインはないですが、配当金が増加するので満足です。

 

配当金、月・分散について

BTIを追加購入したため、2.5.8.11月の配当金が増加しました。

この配当月では、先日の決算で下落したAT&Tが気になります。

しかし、私のポートフォリオはVZを含めると10%超えしているため、通信セクターへの追加投資は見送っています。

 他の追加投資候補としてはJNJやMKC等です。

JNJは120ドル、MKCは95ドルを割れば購入したいなと見ていましたが割りませんでした。今後も注目しながら様子見します。

また、新規投資候補の配当月は以下の通りです。

f:id:sousky1830:20180505212735j:plain

タイミングが合えば投資したいです。

 

問題は上記の銘柄を購入していくと個別銘柄の種類が25前後になってしまいます。

セクターの偏りはありませんが、ETFも購入していることを踏まえると、私はどこまで分散するんでしょう。

  • 管理が難しくなる
  • 手数料
  • 分散リスクはそこまで変わらない

デメリットは知っているつもりですが、私は増やしてしまうんだろうな。

また考えます。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 つたない文章ですいません。また読みに来てください( ^-^)_旦""

 

良ければクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 つたない文章ですいません また読みに来てください( ^-^)_旦""